親子留学支援サポート、長期滞在、オンライン英会話学校、移住、ドゥマゲテ、リタイヤ、年金、子供、教育、英語学習、ロングステイ

ドゥマゲテでの親子留学・母子留学・長期滞在・移住支援サポート、フィリピンのリゾート滞在型英会話学校、オンライン英会話

FrontPage

ようこそ【ABC de INFO】へ

~~足を地につけた、ホントの留学案内いたします〜~
親子留学、長期滞在、移住先探し…あなたの希望はなんですか?

自分の幼稚園児と小学生の4人の子供達をフィリピンのドゥマゲテという小さな街のプライベートスクールに一年半にわたり留学させた経験をもとにスタートさせました。


現在帰国中の為にメールでのサポートのみになります。
8月に再開予定ですが、お問い合わせはご気軽にどうぞ。
新着情報

  • お待たせしました!

    ドゥマゲテでの留学をこちらのサポートにてスタートさせた母子のブログです!
    http://blog.livedoor.jp/yontaphp/
    ドマゲティでの日々の様子がよくわかりますので興味がある方は覗いて見て下さい。
    2015.12.1

  • フィリピン親子留学支援のページにパッケージ料金を掲載しました。
    アパート・学校の見学ツアーに加え、半年に及ぶ親子留学+生活支援プランです。
    2015.10.11
  • 先日こちらで案内させて頂いた関西からの親子が長期の母子留学を決めました。
    こちらで案内したアパート、現地私立学校、家庭教師を気に入り11月上旬から英語学習を始めます!
    詳しくはブログを開設するとの事なので興味がある方は覗いてみてください。
    開設されたらリンクを貼り付ける予定です。
    2015.10.9



ドゥマゲテにあるベルタワー
ドゥマゲテ市内中心部にあるケソンパーク近くのベルタワー
a:4047 t:13 y:11

ABC de INFOのホームページへようこそ!


こちらのホームページは、フィリピンでの英語習得を目的とした親子留学や、長期滞在を希望する方々に向けて役に立つであろう情報 -information- を、自らの経験を元に発信することを目的に開設されたものです。

英語はできるに越したことはないけれど、そもそも学習の仕方がわからない、今の日本の義務教育での英語学習で英語を話せるようになるとは思えない、自分の子供にはもう少し楽に、そして確実に英語を習得させたい、こちらのホームページに来られた方はすでに一度はこのように考えたことのある方かもしれませんね。

また、英語を習得するなら海外=「留学」がいいような気がするけど、どうも敷居が高いしそもそも何から手をつけていいのか見当がつかない…、そのようにお考えの方もいらっしゃるかもしれません。

そのように一度でも考えたことのある方ならぜひ、その先に進んでみませんか?

そのような方々のために、こちらのホームページがお役に立てましたら幸いです。


上記のメニューではこちらで提供するサービスの案内を、左サイドのメニューではフィリピンにこれから来られる方、長期滞在をお考えの方に役立てて頂ければと思う情報を載せています。


私たち家族の場合


2014年4月より子供の英語学習を目的に家族でフィリピンのドゥマゲテという人口10万人程の街に滞在しています。

自分が英語の習得にとても苦労したこと、日本の義務教育での英語学習方法に限界を感じていること、子供の言語習得能力に期待するところがあったことなどの理由により、家族全員での長期滞在を決めました。

なぜ、おそらく日本人にほとんど馴染みのないドゥマゲテという街に決めたのか、それはドゥマゲテの街並みと治安-退職後の移住先ベスト10に選ばれた街をご覧下さい。


来た当初は本当に英語が身に付くのか不安の中、全てが手探りの状態でのスタートでした。

現地のプライベートスクールに通うだけで英語を身につけられるほど簡単にいくとは思っていなかったので、チューターを雇い、午前中はプライベートスクールへ、午後はチューターに当時小学6年生・4年生・2年生の娘3人が一緒に、合間に休憩をはさみながら約3時間みっちり教えてもらいました。

更に夕食後にも2時間教えてもらいました。

こう書くと、かなり詰め込んだ感がありますね…。

毎日だいたい夜9:30近くまでかかっていましたので、終わった頃には3番目の2年生の娘はたいてい睡魔に襲われていました。

ですが、なぜここまでさせたのか、こちらのなぜ日本人は英語が下手なのか?ー中学・高校の英語学習時間の項を読んでいただくとわかるように、とにかく時間をこなすことが重要だったからです。

日本での準備も満足にできていなかった状態でフィリピンに来ましたので、軌道に乗るまでとにかく親子共々必死でした。

現在は2年目に突入していますが子供達の英語の学習成果には目を見張るものがあります。

一年経つ頃には英語を聞くこと・喋ることに関しては全く苦労をしている様子はなく、英語のアニメを見たり友達と英語で普通に会話をしたりしています。

大人が同じ量の勉強をしてもきっとここまでの能力を得ることは出来ないでしょうから、やはり子供の脳の持つ語学の習得に対しての潜在能力の高さには驚かせられます。

それでもフィリピン人の英語の能力の高さを間近で見せられますと、私の子供も更なる学習をして語彙力を増やしていく必要性を日々感じます。


海外で学ぶということ


そのように子供たちの成長を日々見守る中、日本の子供たちにも意味のある英語学習の場を提供できないかと思い巡らすようになりました。

やはり海外に出て学ぶということにも意味・意義があることを実感したからこその考えです。

ただ、自分のやり方では無駄にしてしまった時間も少なくないと感じるところもありますので、これからこちらへ来られるみなさんにはぜひ私の経験を有効活用していただきたいと思います。

現在こちらで行っているサービスは、フィリピン親子留学支援・シキホール島のリゾート英会話学校の紹介・オンライン英会話講師の紹介です。

また親子だけではなく、ロングステイを希望する個人や夫婦、退職後の移住先として考えておられる方まで幅広くサポート致します。

オンライン英会話は現在準備中ではありますが、もし希望される方がおられましたら講師のみの紹介は可能です。

オンラインによる英会話は日本にいながらフィリピンと同じ価格で学習が可能ですので、こちらに来てから学校での授業についていくための準備としては有効ではないかと思います。

事前学習の必要時間数は例えば1年生であれば200時間、2年生で400時間となり学年×200時間が大まかに必要な学習時間数だと考えていたら良いと思います。

これは個人差もあるでしょうが、フィリピンの英語のレベルは非常に高く、高学年になるとテキストの内容が非常に難しくなるので授業についていくには1000時間程度の事前の学習時間が必要になると考えておいた方が良いと思います。

またフィリピン親子留学支援は私が家族で滞在している州都であるドゥマゲテ周辺になります。

また他にもドゥマゲテの生活情報を中心に、物価や賃貸アパート、プライベートスクールの情報をアップしていきます。


フィリピンでの親子留学を考えている方、また長期滞在を考えている方の参考になれば良いと思っています。

大手と違い体制はまだまだ十分に整っておりませんが、個人だからこそ出来る親身なサポートを行って参りたいと考えております。

ドゥマゲテの観光名所
ドゥマゲティの海岸通り
朝から木陰でくつろぐ姿を見かけます


ぜひ英語学習のスタートを!


当時小学6年生・4年生・2年生の娘3人は同時に英語の学習をスタートさせましたが、その英語の吸収力の高さには驚かされました。

その中でも小学生の低学年からスタートさせた小2の娘の上達は目を見張るものがありました。

大人の目から見れば難なく単語を暗記していってるように見えました。

もちろん本人たちからは、毎日大変だとぶつぶつ文句も出ますが、その吸収は非常に早いと感じます。

やはり低年齢からの語学の学習が語学習得への近道である事は間違いないようです。

オンライン英会話からのスタートでも構いませんので、とにかく継続して学習時間を積み重ねて下さい。

オンライン英会話と現地のプライベートスクールへの留学の違いは、オンラインは話す聞くという会話が中心ですが、留学の場合はそれに加え読み書きの能力が伴います。

親子留学に関してはこちらのサポートとやる気があれば十分可能です。

またフィリピンと日本は意外と近いですし、それほどお金をかけずに行き来が可能です。

LCC航空のセブパシフィックやジェットスターがマニラまで就航していますので、プロモーションのセール時には片道1万円以下で行く事ができます。

プロモーションセールのチケットは意外と長い期間売られていますので、購入はそれほど難しくありません。

どうしようかと悩む時間がもったいないくらいです。

英語の学習成果はすぐには現れませんが、3ヶ月・6ヶ月・1年と継続することで必ず現れてきます。

ぜひ早めの年齢からの英語学習を検討してみて下さい


問い合わせには無料で返信します!


こちらではどのような内容の質問に対しても無料で返信しております。

質問や要望等はお問い合わせからどうぞ。

子供の英語学習についてどうしたら良いかと悩んでいる方、また親子留学に興味がある方はどうぞ遠慮なく質問して下さい。

なお、それらの問い合わせ内容が他の皆さんの役に立つ内容であるとこちらが判断した場合は、個人が特定出来るような内容は削除した上でその一部を公開いたします。

公開を希望されない場合はその旨書いた上で質問をして下さい。

公開可能な質問からの返答になり、返事は簡潔ですが的確に致します。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional